太陽光発電の異常をAI検知?(AI×環境)【論文】

   

↑クリップ機能をつけました!ぜひご活用ください。クリップ一覧はこちら

地球温暖化に伴うエネルギー利用の見直し

産業革命以降、大気中の温室効果ガス濃度は年々増加している。このペースだと、2050年までに産業革命以前との気温差が6℃を超えると予想されており、化石燃料エネルギーから再生可能エネルギーへの早急なシフトが求められている。

近年、再生可能エネルギーの1つである太陽光発電エネルギーは非常に注目を集め、急速な成長を見せている。しかし、稼働中の異常発生頻度が高く、発電効率は従来の化石燃料を使用した発電方法と比較すると依然として低い。

ポルトガルにあるCSideのPedro Brancoら研究者は、太陽光発電における発電効率の向上という課題に着目し、発電中の異常検出アルゴリズムの開発を試みた。

その結果、どのぐらいの精度で異常検出ができただろうか?続きを読んでみよう。

機械学習手法を用いた太陽光発電システムの異常検知アルゴリズムの開発

Pedro Brancoらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP