治療費の話はした?医師と患者の会話を分析(AI×医療)【論文】

   

同意は得られていますか?

アメリカでは近年、医療費の支出増加が問題となっており、診断時に医師が患者の医療費について考慮するケースが増えている。ある調査によると、特定のがんを専門とする医師のおよそ84%が、患者の医療費を考慮して治癒の推奨を行っていることがわかった。

この現状を試みて、2017年には大規模な全国調査が行われ、アメリカ人のほとんどが医師と費用について話し合いたいと思っている一方で、実際に話し合われたケースは4%~65%だと推定された。しかし、この調査データには偏りが生じている可能性があり、正確な推定値とは言い難い。

アメリカにあるペンシルベニア大学医学大学院のMeliha Skaljicらは、従来の調査に代わる方法として、電子カルテに機械学習を適用した。集中治療室(ICU)での会話記録をデータセットとして、治療費への配慮の有無を識別するモデルを作成した。

その結果、実際に医師と治療費に関する会話をしたのは、患者の何パーセントだっただろうか?続きを読んでみよう。

実際に金銭的な会話をした患者は4.2%

Meliha Skaljicらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP