【論文実装】今週取り組むべき5本(2020年3月第4週版)AIが患者を診断するー。

   

最近公開された機械学習の最新論文の中から「ソースコード、事前学習済みのモデル、データセット」が与えられているホットなものを選んで紹介。実際にAIを動かして座学から抜け出そう!

バックナンバーはこちら

エントリーについて

各論文・Githubや公式サイトで示されている実装手法に基づいて、何らかの題材をもとに技術を活用した/する意欲がある方は、各トピックスにある「エントリー」よりご連絡ください。結果にかかわらず取材させていただき、優秀な成果を挙げられている方はメディアでPRさせていただきます。

目次
1. スポーツトレーニングが変わる?
2. 自動車の自動運転の実現にむけて
3. AIが患者を診断する?
4. 医療ディープラーニングを効率化
5. AIの視覚が人間的になる

スポーツトレーニングが変わる?

姿勢推定とは画像や映像から、人間の骨格を検知、認識する技術のことで、AIの活用により精度の高い分析を行うことができます。

HRNetは既存の姿勢推定の最新モデルとされていますが、進化したHigher-HRNetが登場しました。ボトムアップ型では子どもの姿勢推定は困難とされていましたが、Higher-HRNetを使用することでより正確な姿勢推定が行えるようになりました。

姿勢推定はスポーツトレーニングに活用されており、子どものスポーツトレーニングにも活用が可能になります。

例えば野球のバッティングにおいても、映像だけでなく骨格の動きを確認することでフォームを改善できます。質の高い、効率的なトレーニングを実現します。

スポーツ界に変革を起こすかもしれません。

実装してみよう!

★卓球AIの記事も読んでみましょう!
▶︎ 卓球ボール「リアルタイムで追跡」システムを開発(AI×スポーツ)【論文】

自動車の自動運転の実現にむけて

都市シーンセグメンテーションのためのHANetを活用することで、コストを抑えた学習が可能になります。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP