肉、シリアル、果物野菜、ハチミツ、乳…機械学習による品質管理(AI×食品)【論文】

   

健康志向に応える業界

近年、消費者の健康に対する意識が向上しているため、食品業界は今まで以上に品質や安全基準が求められている。この両方を確保するためには、製品を原料、さらには組成レベルで分析・評価する必要がある。しかし、従来の分析手法は費用が高く、多くの時間を要するなどの課題があり、改良の余地が残っている。

オーストラリアのCentral Queensland大学のJessica Robertsら研究者は、ハイパースペクトル画像(HSI)およびマルチスペクトル画像(MSI)から機械学習を使用して食品の品質評価を行う際の利点と限界を評価するために、肉製品、果物と野菜など5つの製品ジャンルについての食品品質評価事例を取り上げ、その結果を分析した。

その結果、これらの品質評価手法は有効だと言えたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Jessica Robertsについて
オーストラリア・Central Queensland大学の経験豊富な研究者・講師。専門は家畜科学・精密農業・動物福祉など。私立および公立の研究セクターならびに高等教育業界での活動実績がある。

その品質検査はベストか?

Jessica Robertsらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x