人の操作不要「スマート農業マシン」は作れるか(AI×農業)【論文】

   

後継者不足の農家を救え!

農業の従事者が減少していく中、トラクターなどの機械によって農業の自動化が進んでいる。今や、雑草取りや殺虫剤の散布、水やりなどは、おおむね自動化している。しかし、草刈機や散布マシンは人間が手動でコントロールするものであり、作物と雑草の区別をつけずに草刈りや水やりをしてしまうケースも多々発生する。そこで近年は、Variable Rate Sprayingによる除草剤散布やスマートな除草マシンの開発がトレンドになっている。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国にある国立屏東大学のChung-Liang Changら研究者は、スマート農業実現における除草メンテナンスや土壌の湿度チェックを自動的に行うマシンの開発を試みた。

その結果、雑草の検知や土壌の湿度維持はできたのだろうか?続きを読んでみよう。

AIで未来を変える仲間:Chung-Liang Changについて
中国・国立屏東大学で教授を務める。専門はインテリジェントシステム・マシンの設計など。研究分野は農業生産技術で、CIAMより「農業機械功労賞」を受賞するなど高い評価を得ている研究者だ。

畑の高速メンテナンスを実現する方法

Chung-Liang Changらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x