【今週の5本】週明けまでにキャッチアップしたい「新着AI関連特許」(2020年3月第3週版)

   

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

特許は、AI研究が理論で終わらず実用化された事例の集大成です。「今週の5本」シリーズ特許編では、1週間以内に発表されたAI関連特許を紹介します。今週は、以下の5つの特許に注目していきます!

目次
1. 脱走したペットを飼い主のもとに帰す
2. 名前呼びかけ不要のAIアシスタント
3. AI時代の通訳は、話者が直接多言語を話す!?
4. AIとコンピュータビジョンで万引き防止
5. 臓器の変形を加味した手術支援システム

バックナンバーはこちら

脱走したペットを飼い主のもとに帰す

ブラジルのカンピーナス州立大学は、機械学習を使用して、脱走したペット動物の監視システムを構築しました。

世界中で多くの犬や猫が飼われていると同時に、ペットの脱走や交通事故が問題となっています。このシステムでは、あらかじめペットの画像をデータベースに登録しておくことで、街頭の監視カメラ画像や一般人がスマホで撮影した画像をもとに、屋外に脱走したペットを迅速に見つけ、飼い主に通知することができます。万が一ペットを見失っても、街中の誰かが見つけてくれるようになるかもしれません。

特許の詳細:ANIMAL MANAGEMENT SYSTEM AND IDENTIFICATION METHOD

関連する研究事例▼

猫「ニャー」AI「お腹すいた?」鳴き声からネコを理解しよう 【論文】#ペットとAIの話

名前呼びかけ不要のAIアシスタント

LINE株式会社は、AIアシスタントの名前を毎回呼ばなくても連続で会話できる技術を開発しました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP