工場はAIに監視されていくのか(AI×製造)【論文】

   

IoTを用いた監視システムへの期待

製造業は、今も昔も経済成長にとって重要な産業である。各種製造メーカーでは、競争力と産業部門全体の持続可能性を高めるために、新しい技術が利用されている。特に、情報通信技術(ICT)は、従来の製造プロセスから高度な製造プロセスへの移行を可能にした。たとえば、モノのインターネット(IoT)ベースのセンサーを用いた高度な監視システムがある。

一方で、利用可能なIoTセンシングデバイスが増加するにつれて、製造業において生成されるデータ(プロセスログ、イベント、画像、センサーデータなど)は指数関数的に増大する。したがって、大量のデータをリアルタイムで迅速に処理・保存・表示できるようにするために、製造業界のビッグデータ処理システムを構築する必要がある。

韓国にあるソウル東国大学のMuhammad Syafrudinら研究者は、製造業における製造ラインの監視という課題に着目し、IoTなどを組み合わせたリアルタイム監視システムの構築を試みた。

結果、 異常なイベントの識別および予測の精度はどうたったのだろうか?続きを読んでみよう。

テクノロジーの組み合わせて製造ラインを高精度で監視

Muhammad Syafrudin らの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP