グラビア写真とAIの意外な関係性とは!?(AI×製造)【論文】

   

レーザー技術の進歩によりグラビア印刷が再熱

食品パッケージや雑誌のグラビアページに用いられるグラビア印刷は、版画のように版を用いて紙にインクを塗布する印刷方式である。近年の主流といえばインクジェット印刷だが、レーザー彫刻技術の進歩に伴い、グラビア印刷が再注目されている。

レーザー彫刻技術によって、従来の電気機械彫刻では不可能であった、さまざまな形状のセルを作成できるようになった。それにより、高い印刷密度が可能であったり、粘度の高いインクの使用が可能になったりした。しかし、グラビア印刷用の「版」に相当するシリンダーの製造品質評価プロセスの自動化は困難であり、専門家の目視によって行われている。

ドイツにあるハイルブロン大学のJavier Villalba-Diezら研究者は、グラビア印刷用シリンダー製造の品質検査プロセスにおける欠陥検出パフォーマンスの改善、コスト削減という課題に着目し、機械学習手法と高解像度光学品質管理カメラを組み合わせて、自動品質管理プロセスを実現するディープニューラルネットワークソフトセンサーの開発を試みた。

結果、開発センサーの精度は良かったのだろうか?続きを読んでみよう。

AIによるグラビア印刷用シリンダーの品質自動評価

Javier Villalba-Diezらの研究における「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP