アルツハイマー「脳の特徴から」特定か。3つの機械学習使用(AI×医療)【論文】

   

脳データからアルツハイマー病を特定

デジタル信号処理と機械学習技術は、医療現場に変化をもたらしている。たとえば、MRI検査で得られた拡散強調画像(DWI)データと、脳の白質領域 (神経線維が集まっている部位) の神経路のつながりを視覚的に表すためのTractographyアルゴリズムを組み合わせることで、脳の構造や接続性を再構築することができる。こうした技術は、アルツハイマー病(AD)診断への応用が期待されている。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

イタリアにあるUniversità degli Studi di BariのEufemiaら研究者は、脳の伝達性に基づいてADを分類・分析するために、3種類の機械学習フレームワークを開発・比較し、臨床への応用可能性を検証した。

結果はどうだったのだろうか?

機械学習でAD特有の脳の特徴を発見

Eufemiaらの研究の「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x