「切除しなくていい乳がん」判別AIが開発される(AI×医療)【論文】

   

切らなくてもいい乳がんもあることを。

アメリカでは約270,000人以上が乳がんと診断されているが、その中には不十分な検査によって過大気味に乳がんと診断されている患者もいると考えられている。

ディープラーニングをはじめとした機械学習は、乳がんの診断でも大きな成功が見られるようになった。しかし、これまでの研究は腫瘍の検出にのみ焦点が当てられていた。実際には、乳がんには良性、悪性(DCIS)、判断不能(異型性)があり、これらの診断は難しいタスクである。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカのワシントン大学のEzgiら研究者は、乳がん検査においてDCISの判別を行うために、機械学習のための新しい特徴量を提案した。

結果、機械学習は精度よく判別できたのだろうか?続きを読んでみよう。

細胞組織の特徴量から乳がんを判別

Ezgiらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x