AIクイズ100【第7問】「回帰とはどんな手法?」

   

◀︎AIクイズ100【第6問】「機械学習を3種類に分類すると?」

AIクイズ100【第8問】「回帰の種類は?」▶︎

クイズに答えながらAIの基礎知識を学べる「AIクイズ100」。100日間、1日1問のクイズにチャレンジながら、AIに詳しくなりましょう!(クイズ一覧はこちら

第7問

機械学習のタスク(解決したいこと)は、分類と回帰に大別されます。回帰の説明として適切なものを全て選んで下さい。

A.回帰問題を解く機械学習モデルの出力は連続値である。
 
B.回帰とは連続尺度の目的変数と説明変数の間にモデルを当てはめることである。
 
C.分類と回帰は本質的に異なる手法であるため、適用するタスクをよく区別しなければならない。
 
D.学習モデルの出力が数値であるものを回帰という。
 
E.説明変数が2つ以上である場合、重回帰という。

答え

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界/カテゴリー

PAGE TOP