「死を予測するAI」は、がん患者の終末期を幸せにするか(AI×医療)【論文】

   

がんの治療計画の話し合いが不足

がん患者と早期治療計画について話すことは、特に終末期に、患者の目標や希望に合ったケアにつながる。しかし、ほとんどのがん患者は、治療目標と終末期の優先度についての書面による説明がなく、ホスピスケアの支援も受けられずに亡くなっている。こうしたコミュニケーション不足が生じる主な原因としては、医師が既存のツールを使用して短期死亡リスクがあるがん患者を正確に予測できないことが考えられる。

米国にあるペンシルベニア大学のParikhら研究者は、がん患者における6か月死亡予測という課題に着目し、機械学習によるアプローチを試みた。結果、がん患者の6か月死亡リスクを80%を超える精度で予測することができた。

3種類の機械学習によるがん患者の6か月死亡リスクの推定

Parikhらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP