【論文実装】今週取り組むべき5本(2020年3月第3週版)量子機械学習、登場ー。

   

最近公開された機械学習の最新論文の中から「ソースコード、事前学習済みのモデル、データセット」が与えられているホットなものを選んで紹介。実際にAIを動かして座学から抜け出そう!

バックナンバーはこちら

エントリーについて

各論文・Githubや公式サイトで示されている実装手法に基づいて、何らかの題材をもとに技術を活用した/する意欲がある方は、各トピックスにある「エントリー」よりご連絡ください。結果にかかわらず取材させていただき、優秀な成果を挙げられている方はメディアでPRさせていただきます。

目次
1. バーチャル性転換
2. 道ゆく人は何を見て、どこを目指しているのか
3. 医療AI画像解析に投じられた一石
4. 量子コンピュータで機械学習
5. どんなテキストでも理解するAIが現れた?

バーチャル性転換

既存のStyleGANがユニークに発展!

ペアでトレーニングを行うことで、特定人物の性転換、加齢/若返り、体型の変換、モーフィングが可能。このような新技術が発表されました。

この技術が気軽に使えるようにあれば、仮想的に自分の姿を変えて見ることがより日常的になりそう。お互いが「姿は変わるもの」と認識する世の中になれば、生きづらさが軽減するかもしれませんね!

実装してみよう!

道ゆく人は何を見て、どこを目指しているのか

インフォグラフィックや広告の効果測定を行うことができれば、これまでよりもっと豊かなビジネス・プランニングが可能になります。

残留ステップネットワーク(RSN)という新しいフレームワークが登場しました。これは、視界に多くの人々がいる場合でも彼らの姿勢を把握することができるAI技術の最先端です。

今なお、路上犯罪は世界中のいたるところで発生しています。カメラ越しにAIが街ゆく人々の姿勢を監視し不審な人物を自動で検出できたら、世界はもっと安全になるかもしれません。

実装してみよう!

この技術実装に限らず、「姿勢推定の技術をビジネスで活用したい」かたは下記よりご連絡くださいね。今すぐエンジニアを採用したいスタートアップにご紹介します。

医療AI画像解析に投じられた一石

「現場を置いてきぼりにしているのではないか」と苦言が呈されました。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP