「恐怖」はAIで治癒できるか。脳波解析(AI×メンタルヘルス)【論文】

   

機械に人の感情を理解させる

SiriやAlexaなどの音声アシスタントやAIチャットボットを通じて、人は機械と対話できるようになってきた。しかし、機械はまだ、人間の感情を理解できるまでには至っていない。

機械に人間の感情を理解させる研究分野は「アフェクティブコンピューティング」と呼ばれている。機械が人間の感情を理解できるようになることで、よりインタラクティブなロボットを作ったり、教育やヘルスケア向けのシステムに活用したりすることが期待できる。

アフェクティブコンピューティング研究を発展させていくためには、人間の感情を定量可能なものとして定義しなければならない。つまり、脳波がナントカ状態のときは恐怖を感じている、脳内にナントカ物質が出ていれば幸福を感じている、といった具合に、身体や脳の状態と感情を厳密に結び付ける必要がある。

ルーマニアにあるブカレスト大学のOana Bălanら研究者は、恐怖症の治療システムの構築を目指して、生体情報に機械学習を用いて恐怖の度合いの解析を試みた。

結果はどうだったのだろうか?

高精度で恐怖を解析

Oana Bălan らの研究における「ミッション・手法・結果」は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP