「感情の分析」が鍵か。ビッグデータが市場を変える(AI×経済)【論文】

   

資本市場でビッグデータ活用が広がっている

従来の資本市場のデータ分析では、市場データベンダーから提供される構造化されたデータセットのみを取り扱う傾向があった。しかし、近年は、一部の非構造化データセットが、センチメント分析やトレンドをつかむ上で有用であるとして注目されている。

非構造化データとは

コンピュータではなく人間が読むために作られたデータである。ビッグデータの80%以上は、非構造化データであると言われている。資本市場分析において非構造化データに注目が集まってきた背景として、ビッグデータと資本市場の関係を探る多くの研究の存在がある。

インドにあるインド経営研究所のR.K.Singhら研究者は、資本市場におけるビッグデータの与える影響を過去の研究論文から総合的に分析し、資本市場の行く先を探った。

その結果、何が分かっただろうか?続きを読んでみよう。

ビッグデータは資本市場の非効率過程をそぎ落とす

ビッグデータで変わる市場領域、5つの代表例

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP