決済不能リスクに対峙するAI【AI論文】

セブン&アイ・ホールディングスは、同社のスマホ決済サービス「7pay」を9月末で廃止することを発表した。

https://www.youtube.com/watch?v=CkXUx0UlVYk

同サービスは開始直後に不正利用が多発したことによる損害と、今後の技術的リスクを加味した上で今回の決定に至った。

決済サービスの不正利用とは、自分以外の者が自分の口座を利用して決済を行なった状態を言う。

決済システムは如何に多くのリスクを事前に取り除いておくかが肝要であると誰もが気づいた事例であった。

そんな折、決済不能リスクを解決することを目的としたAIの最先端技術に関する発表があった為、以下に紹介する。

(Featured AI and finance) Introduction to current research on financial system risk and proposals (Publication)

G. Kou, X. Chao, Y. Peng, F. E. Alsaadi and E. Herrera-Viedma, “MACHINE LEARNING METHODS FOR SYSTEMIC RISK ANALYSIS IN FINANCIAL SECTORS”. Technological and Economic Development of Economy, 1-27, (2019).

DOI: 10.3846/tede.2019.8740

3つの要点

✔ 金融システミックリスク️の課題に取り組む手法として機械学習法がますます採用されている。

✔️機械学習法による金融システミック・リスクに関する現在の研究を紹介する。

✔️将来の研究の方向性を提案することである。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP