ARの拡大AIで加速するか。3D生成「BAGAN」登場(AI×AR)【論文】

   

AR技術がこれからも進歩し続けるためには?

近年、VR(仮想現実)と同時にAR(拡張現実)も流行している。Google GlassやMicrosoft HoloLensなどはAR用デバイスとして開発されており、医療現場や製造業、教育への活用が期待されている。

ARにもAIが取り入れられつつあるが、他のAI応用分野と同様に、ARにおいてもデータ不足の問題が起きている。特にARは、普通の2D画像でなく3Dの物体が対象となるので、特殊なデータセットが必要になる。この問題により、将来的な開発に限界が来ると考えられている。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国にある中国鉱業大学のYanら研究者は、ARにおける3Dのデータ不足を解決するために、BAGANを開発した。BAGANによる画像で画像認識を行った。

結果はどうだったのだろうか。ARの世界拡大は、AIで加速するのか?

3Dモデルに対する新しいGAN

Yanらの研究のミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x