MRIもう不要か。AIがアルツハイマー予測(AI×医療)【論文】

アルツハイマー病検査はコスト大

2010年時点で、世界のアルツハイマー病(AD)患者は2,660万人以上だと推定されていた。この数は今後も増加していくと考えられており、2030年には7,000万人、2050年には1.15億人に達するという予測もある。

ADの発見法として現在広く使われているのは、磁気共鳴画像(MRI)を用いた手法である。しかし、MRI画像はイメージサイズが大きいため、MRI技術を利用した既存手法は高価かつ時間がかかる。

中国にあるSchool of Electronic, Electrical and Communication EngineeringのLeiら研究者は、こうした状況に着目し、遺伝子にコードされたタンパク質のアミノ酸配列情報に対して機械学習アルゴリズム(サポートベクターマシン) を適用し、AD予測を試みた。

結果はどうだったのだろうか。MRIはもう不要なのか?

AIを用いた、より安価なAD検査法の開発

Leiらの研究のミッション・手法・結果は以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP