子供の闘争は、医療におけるAIの可能性をもたらす

明らかになったこと

アラバマ州で、医療の危険にさらされている11歳の子が、運よく医療に携わるAI専門のコンピュータープログラマーである父がいたために、医療におけるAIの力が明らかになった。

Stat Newsは、7月25日のケースに関する特集記事を公開した。

若いBertrand “Buddy” Mightは一生病気にかかっており、いまだにそれは完治したわけではないが、最近の入院において、「AIの能力の可能性から、絶望的な状況でも科学的な探究を促し、答えを見つけることが示された」と、 Statテクノロジー特派員のケイシーロスは書いている。

バディの父親であるマット・マイト博士は、アラバマ大学バーミンガム校で精密医学研究所を運営している。ロスは、大学が現在、マイトのチームと彼らの仕事を日常の臨床ケアに取り入れようとしているので、「AIの使用における重要な一歩である、困難なケースで医師を支援することが求められる」と報告している。

素晴らしい読み物に加えて、この記事では、医療におけるAIの本当の意味を思い出させるMightファミリーのビデオと写真を紹介している。

クリックして読んで確認してください。

原文
A child’s struggles bring home the promise of AI in healthcare
July 25, 2019 | Dave Pearson | Diagnostics
https://www.aiin.healthcare/topics/diagnostics/childs-struggles-bring-home-promise-ai-healthcare

Translating

PAGE TOP