【今週の5本】「製造AI」最新研究紹介(2020年3月第2週版)-もう重機械は怖くない

   

このコーナーでは、製造業向けAIの最新研究をお届けしていきます。サクッと業界のトレンドにキャッチアップしましょう!今回のトピックスは以下の5つです!

1. IoTと機械学習によって、工場の故障を回避する
2. Microsoft Azureが工場の生産を変えていく
3. 人間の重機械使用をインストラクション
4. 車両物流を自動化
5. 工場の安全管理を徹底的に行う

バックナンバーはこちら

IoTと機械学習によって、工場の故障を回避する

LUT University(フィンランドの首都ヘルシンキから約200キロメートル東方のラッペーンランタ市に所在。)の大学では、国内産業であるパルプ製造の工場ライン保全のAI化が研究されています。

「機械が壊れる前に異常を察知し、修繕を行おう」このコンセプトはAI以前からあるものの、複雑な統計処理を行うことができず生産量の取り返しに莫大な経費とブラック労働が課せられることがあります。

研究を発表したのは大学院生ジョーカー・アルトゥリ。若い知性が国の将来を変えていくでしょうか?

元論文:Utilization of the internet of things and machine learning in digital development of predictive maintenance at Finnish pulp mills

関連記事▶︎“機械基礎”の故障をAIで予想!

Microsoft Azureが工場の生産を変えていく

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP