「食べ物が飲み込めない」障害を調べられる?ディープラーニングで嚥下診断(AI×医療)【論文】

   

飲み込みの異常「嚥下障害」

人は、食物を口から摂取し、胃にまで送る一連の嚥下機能により生命活動を維持している。嚥下障害では、この一連の過程のいずれかに異常が発生する。

嚥下障害の有病率は、高齢者(65歳以上)では30~50%、脳卒中患者では40~80%、アルツハイマー病患者では80%、パーキンソン病患者では60%である。しかしながら、嚥下中の誤嚥の有無を検出する技術にはまだまだ改善の余地がある。

そこで、こんな研究を紹介しよう。

韓国にある韓国電子通信研究院のJong Taek Leeらの研究者は、嚥下過程の画像(VFSS画像)から3D-CNNを用いて、誤嚥が起きている位置(咽頭相)を自動検出するモデルの開発を試みた。

自動検出は正しく行われるのだろうか?続きを読んでみてほしい。

3D-CNNによる咽頭相の自動検出

Jong Taek Leeらの研究におけるミッション・手法・結果は以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP