【IBMが世界初商用量子コンピュータ販売へ】IBM量子コンピューターがもたらす人工生命の可能性 【AI論文】

「量子コンピュータで何ができるか?」

2019年にして、ついに量子コンピュータが一般向けに販売されることが決定した。

米IBMがかねてより開発していた”IBM Q System One”は、同社のクライアント向けに公開される。

今回発表の商用量子コンピューターにおけるキーポイントは5つ。

・安定動作を可能にするハードウェア設計。

・両氏環境を実現する極低温工学。

・高精度電子機器。

・システムの正常性を管理するクアンタムファームウェア。

・安全なクラウドアクセスを可能にする古典的計算。

IBMは同コンピューターの運営のためのIBM Q Quantum Computation Centerを設立するとも発表した。

しかし、結局のところ「量子コンピューターで何かできるのか?」それは人々の頭の中にイメージがない。

以下ではIBMの量子コンピューターでもたらされる新たな人類の知を紹介する。

IBM量子コンピューターがもたらす人工生命の可能性

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP