1ヶ月前から収穫量を知ることはAIに可能か(AI×農業)【論文】

   

作物の生産管理に欠かせない2つの指標

作物の現存量(特定の場所に存在する作物の総量)と収量は、農業の生産管理時に使われる重要な変数である。現存量と収量を測定することで、作物を育てるのに必要な水、肥料、農薬などの投与量の決定や、収穫スケジューリングなどの物流計画の決定が可能となる。

作物は成長する中で様々なストレスにさらされる。塩分はその1つだ。塩分は一般的に現存量と収量を減らすが、塩分が現存量と収量の予測にどの程度影響するかについてはわかっていないことが多い。

サウジアラビア王国にあるキングアブドラ科学技術大学の Johansen, Kら研究者は、塩分ストレス環境下にあるトマトの収量予測という課題に着目し、UAVと機械学習を組み合わせた手法を試みた。結果、塩分ストレスがあるトマトにおいても、トマトの現存量と収量を、収穫の4週間前までにある程度予測することが可能であることが分かった。

UAVと機械学習を用いて予測

Johansen, Kらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP