ダイエットはAIで効率化できるか。料理の栄養素をすぐ測定(AI×ヘルスケア)【論文】

食べ物の栄養素を記録し、肥満や糖尿病を予防したい

肥満や糖尿病が世界的に深刻になる中、スマートヘルスケアに注目が集まっている。

スマートヘルスケアでは、たとえば、目の前にある食べ物の栄養素(炭水化物、タンパク質、脂肪など)の量を知りたいときに、スマートフォンのアプリを用いて、いつでもどこでも食品成分の詳細情報を取得するような未来が実現できる。しかし現状では、レストランなどで調理済みの料理を食べる際、ほとんどの人が食物摂取量を正確に取得することはできない。そのため、一般の人でもリアルタイムで利用可能な食品成分分析技術開発が望まれている。

韓国にある漢陽大学校のDaeHan Ahnら研究者は、従来の手法よりも低コストで手軽に実施できる食品分析手法を開発するため、機械学習手法を用いて、食品のハイパースペクトル信号から栄養素(タンパク質、炭水化物、脂肪)の推定を試みた。結果、ハイパースペクトル信号と機械学習手法を組み合わせることで、非常に正確に栄養素を推定できることが示唆された。

機械学習手法を用いてハイパースペクトル信号を元に食品栄養素を推定

DaeHan Ahnらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP