IoTとAIで樹々の健康を守ることはできるか(AI×農業)【論文】

   

樹木の健康維持

樹木は生態系を守る上で非常に重要な役割を果たしていると同時に、人間の活動に大きな影響を与えている。例えば、樹木は土壌を浸食から保護したり、二酸化炭素を吸収したり、空気を浄化したり、騒音を軽減したり、風景を柔らかなものとしたりする。

対照的に、なんらかの理由により不適切に成長した樹木は、土壌浸食や地球温暖化など、様々な危機につながり、巨大な経済的損失をもたらす可能性もある。こうした被害を補償するのにかかる費用は毎年4.44兆円にも上ると試算されており、樹々の健康にもう少し多くのリソースを割くことで、こうした費用をずっと軽減できると考えられている。

香港にあるCity University of Hong KongのYangら研究者は、こうした状況に着目し、スマートセンサーで取得したデータを機械学習処理することで、樹木健康評価スキームの開発を試みた。研究の結果、機械学習のひとつであるradial basis function(RBF)neural network(NN)において、最もよく樹木健康とPEFsを関係付けるツールであることが明らかになった。

樹木健康評価(PTA)スキームの開発

Yangらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP