伝統産業もAI化できるか。発電工程をデジタル・アーカイブ(AI×環境)【論文】

   

発電の工程図はデジタル化が必要

我々の生活に欠かせない電気は、日々発電所で生み出されている。発電所内では複雑な過程を経てエネルギーが生成されており、その工程は図式化されファイルにまとめられている。この工程図は、顧客のニーズに最適なシステム提案を行うEPCなどに応用されるが、多くは画像として保存されているため、デジタルフォーマットが整っておらず、使用が難しい状態になっている。こうした問題を解決するために、工程図のデジタル化の需要が高まっている。

韓国のPlant Engineering CenterのYuら研究者は、発電所の工程図をデジタル化するために、画像処理技術とディープラーニングを使って記号や文字の認識を試みた。その結果、工程図の記号と線は9割以上、文字は8割以上の精度で認識することができた。

画像処理とディープラーニングによるデジタル化

Yuらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP