法律業界もAIでハイテク化できるか(AI×社会)【論文】

法的な文書のためのオープンソースパッケージが登場

ここ20年間で、自然言語処理や機械学習を実施するハードルはだいぶ下がった。この理由としては、
高品質なオープンソースパッケージ(Stanford NLP, OpenNLP, NLTK, spaCy, scikit-learnなど)が多数リリースされてきたことが大きい。これらのパッケージを使うことで、開発のコストを大幅に削減することができる。現在のアプリケーション開発において、オープンソースパッケージの需要が非常に高いことは間違いないだろう。

しかし、「法律」という特定のドメインに限って言えば、普遍性・社会的に重要であるかつ特殊な形式を持っているにも関わらず、自然言語処理や機械学習の対象として他のドメインよりも注目されていない。

エンタープライズコンサルティングおよびテクノロジー分野を取り扱うLexPredict LLCのMichael J Bommarito IIらは、「法律」や「規制」に関するテキストのための高品質なオープンソースパッケージである「LexNLP」を設計した。LexNLPはGithub上で公開されている。

「法律」や「規制」に関するテキストがより簡単に使用可能に

Michael J Bommarito IIらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP