【Amazon AWS VMware Cloudがムーブメントに】サプライチェーン×AIクラウドの未来【最新人工知能論文】

仮想化市場の熱狂、止まず。

米Amazonが手がけるネットワーク構築のプラットフォームサービス「AWS(Amazon Web Service)」の中に搭載されているVMware Cloudがムーブメントを引き起こしている。

サーバーやクライアント、ネットワークやクラウドなどを仮想化し、システムを効率的に運用することが一般的となっているが、VMwareは、その製品が仮想化において標準的に使われている企業として有名である。

そのVMwareのソフトウェアがAWSの中で他のアプリケーションと連携して利用可能となっている。

日本国内ではアイレットがVMware Cloud on AWSの構築サービスを提供開始したとして話題を呼んでおり、またインターネットイニシアティブ(IIJ)もライセンスを提供はじめたという。

また2019年7月29日には、GoogleがVMwareのレガシーアプリケーション(過去の製品群)をクラウド上に共存させるツールを発表した。
Googleが「これは顧客のかねてよりの要望にようやく応えられた形だ」と言っていることからも、仮想化市場の盛り上がりがうかがえる。

では、仮想化の需要はさらにどのセグメントに偏るか?
つまりどの業界にツールは提供され、使われるのだろうか?

Amazonが自らのプラットフォーム上にVMwareを招いたように、一つの仮説としては小売業界がひとつの有力なターゲットになるだろうと見込まれる。

国内ではAmazonのようなネットワークサービスプラットフォームや、VMwareのようなソフトウェアのシェアを勝ち取る企業はなかなか出てこない。そんな状況下、歴史に学ぶことと同じくらい、最先端に目を光らせる必要があるだろう。
また、大きな市場でのシェアよりも先に、小さな市場を勝ち取るのが筋と言われる。

以下では、IoT、AI、クラウドの技術を使って、マイクロサービスベースでサプライチェーンを管理する技術論文を紹介する。それを読むことで、

・応用を見越した先端技術の構築ハウトゥー

・一般に知られていないコア技術

を知ることができる。

...
この記事の全文は会員限定です。
こちらより会員登録

「最初の一手」の選択

仮想化市場の成長は国内でもIDC Japanなどが報じている。

仮にいまAIとクラウドがまさに実利用されはじめたフェーズだと認識するのであれば、汎用的なAIソフトウェアを新しく開発するよりも既存の出来のいいAIをうまくのせられる小さなプラットフォームから構築するのがよいのかもしれない。さらに、仮想化技術の発展を見越して、何かのセグメントに集中してサービス開発に取り組むことを考えてみると見えてくるものもある。

トレンドとは兎角想像が容易な領域への参入を促してしまうが、未来を見越した技術発表をしている論文を読めば、より具体的に「最初の一手」を賢く選択できるだろう。

Translating

PAGE TOP