「エモーショナルなAI」は、整形外科医のサービスラインの「フェイスリフト」役!?

研究者らの見解

「自己移植」、「エステティック」、「DIEP皮弁乳房再建」といったような用語を聞いて、皆さんはピンとくるだろうか?ましてや、整形に関心を、興味を持つだろうか?もちろん、大多数が「こない」と答えるのだろう。このように、臨床的過ぎる用語を使うと反応が非常に少ないため、研究者らは上記のような専門的過ぎる用語を研究から除外することにした。

議論の中で、執筆者らは自身の研究が「感情的人工知能技術がもたらすことができる独創的な視点と能力を持つ」ことを説明する初めての研究であると述べている。

“想像力無限大”の研究結果

上記研究の執筆者であるLevites研究員らは、このツールセットを使用することで、整形手術サービス医療提供者が関心を持つ、性別、指示政党および地理的位置によってデータを分析することを可能にする、とし、「このツールによって導き出すことができる詳細は、研究者の想像力と同じくらい無限です」と締めくくっている。

「委員会認定整形外科医としてこの技術やその類似技術を採用するか、採用しない場合は自身の責任でその判断を下すことになるのです。」

この研究は、全文無料公開されている。詳細は以下ページにて。(全文英語)

DOI: 10.1097/PRS.0000000000005873

[/restrict]

原文
‘Emotional AI’ helps plastic surgeons give service lines a facelift
July 29, 2019 | Dave Pearson | Business Intelligence
https://www.aiin.healthcare/topics/business-intelligence/emotional-ai-plastic-surgeons

Translating

PAGE TOP