「エモーショナルなAI」は、整形外科医のサービスラインの「フェイスリフト」役!?

研究者らの見解

「自己移植」、「エステティック」、「DIEP皮弁乳房再建」といったような用語を聞いて、皆さんはピンとくるだろうか?ましてや、整形に関心を、興味を持つだろうか?もちろん、大多数が「こない」と答えるのだろう。このように、臨床的過ぎる用語を使うと反応が非常に少ないため、研究者らは上記のような専門的過ぎる用語を研究から除外することにした。

議論の中で、執筆者らは自身の研究が「感情的人工知能技術がもたらすことができる独創的な視点と能力を持つ」ことを説明する初めての研究であると述べている。

“想像力無限大”の研究結果

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP