Google AIが若者の自殺阻止に役立つ

検索エンジンへの入力やカウンセリングの結果を分析

昨年春、Trevor Projectは検索エンジンに入力された情報をもとにアルゴリズムを利用して自殺防止を図ったが、現在はカウンセラーとの最初の会話とセッション後のリスク評価を組み合わせてアルゴリズムをトレーニングすることで、さらにGoogleのAIの精度を高めている。

カリフォルニアに拠点を置くこの非営利団体は、特にLGBTQの若者に見られる自己破壊的な行動をターゲットにしているが、音声、テキスト、インスタントメッセージといった多くの情報の背後に存在するロジックは、おそらく他の層にも一般化することが可能だ。

チャットの数行で必要な助けが分かる?

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP