世界の緑はドローンで監視されていくのか(AI×農業)【論文】

   

人気の種は几帳面に育てたい

中国モミは、中国南部、特に北緯20〜34°での木材生産に使用される主要な品種である。中国モミは、木材品質が高い、急速に成長する、茎が均一であるなどの特徴があり、非常に人気がある。とりわけ東南アジアで苗木の需要が急速に拡大した。

森林の樹高と、人の胸高の木の直径(DBH)は、中国モミの品質を評価し、森林管理を計画するための2つの重要な測定値である。ただし、これらの変数は植林条件によって変化する可能性がある。これらの予測を行うために、生態学者によっていくつかのモデルが確立されたが、これらのモデルは限られたデータおよび特定の条件から生成されたため、より正確で一般的なアプローチが求められている。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

中国にある福建省農林大学のXiaodan Zouら研究者は、人工林を構成するさまざまな樹種の樹高やDBHを測定するための統合パイプライン手法を提案した。結果、75%という予測精度を示した。

森林のドローン画像を機械学習で解析

Xiaodan Zouらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x