自動車の低価格生産は実現するのか。AI材料解析(AI×製造)【論文】

   

自動車製造に欠かせない、材料の機械的特性の測定

材料が、引っ張りや圧縮、せん断などの外力に対してどの程度の耐久性を持つかといった性質は、材料の「機械的特性」と呼ばれる。機械的特性は、材料加工のしやすさ、加工された工業製品の耐久性などの尺度にもなる。そのため、自動車製造においても、定量的な機械的特性を知ることは非常に重要となる。しかし、 機械的特性の分析には高額な費用や膨大な経験が必要とされる。

ドイツの研究機関であるFraunhofer Institute for Production Systems and Design TechnologyのEhsan Javaheriら研究者は、従来よりも低コストに自動車用鋼の機械的特性の定量評価を行うために、4種類のデータセットを元に機械学習手法を用いて予測モデルの開発を試みた。結果、実験的手法によって得られた値と非常に近い値で評価を行えることが確認できた。

機械学習手法を用いた自動車用鋼の機械的特性の定量予測

Ehsan Javaheriらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP