ネット上のワクチン議論の要点(AI×ウェブ)【論文】#AI時代の疾病対策 Vol.4

   

ワクチンの議論を迅速かつ効率的に理解

公衆衛生(ワクチン、薬物、栄養)などに関する議論は、オンライン上でも頻繁に行われており、私たちの生活に大きな影響を与えている。このような議論を調べると、多くの相反する議論があることがわかる。

公衆衛生のステークホルダー(利害関係者)はこのようなオンラインの議論を迅速かつ効率的に調査しなければならない。言い換えると、彼らは膨大なオンライン情報に対して簡単にセンスメイキング(意味づけ)しなければならない。これを支援するのがVASes(Visual analytic systems)である。

VASesはユーザーが提示する複雑な情報を素早く理解できるようにする強力なツールである。

カナダにあるウェスタン大学のAnton Ninkovらは 、オンライン上のワクチン討論を迅速かつ効率的に調査できるように設計されたVASesであるVINCENTを開発した。VINCENTを使用したユーザーと、使用しなかったユーザーにそれぞれワクチンの議論に関する質問をしたところ、VINCENTが議論の理解に有効であることがわかった。

議論の理解に役立つシステムを開発

Anton Ninkovらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP