犯人の顔を見逃さないAIが開発された。もちろんナンバープレートもしっかり記録(AI×セキュリティ)【論文】

   
↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

セキュリティシステムで侵入者を防ぐ

テロの増加に伴い、各所でセキュリティシステムが強固となっている。多くの場合、出入り口付近の見張り役として警備員を雇ったり、侵入者を検知するために監視カメラを設置したりして、継続的な監視を行っている。監視カメラの映像は、過去の犯罪を特定するためにデータベースに保存されることもある。さらに、画像処理を用いてナンバープレートを検出し、データベースに登録されている車だけが入れるようなシステムを採用している人もいる。

だが犯人は、データベースに登録されている車を使って警備システムを騙し、侵入することもありうる。これを防ぐには、運転手の生体認識が有効だが、指紋や掌紋、署名などでは時間がかかってしまう。顔画像認識であれば、運転手をすばやく識別することができるだろう。

パキスタンにあるSir Syed大学のM. y. zaheenら研究者は、危険人物の侵入を防ぐセキュリティシステムとしてナンバープレートの認識だけでは不十分であるという課題に着目し、車両ナンバープレートの文字認識と運転手の顔認識に基づくセキュリティシステムを提案した。結果、システムは許容可能な時間で、運転手とナンバープレートを識別した。

顔認識と文字認識による強固なセキュリティ

M. y. zaheenらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

業界/カテゴリー

PAGE TOP