自動運転車の位置決めネットワーク!【AI論文】

(Featured AI) Relationship between the vehicle network and the latest PC (Publication)

2019年8月7日より、ニューヨークで初の自動運転車の走行がスタートするという。MIT(マサチューセッツ工科大学)の卒業生らが2015年に創業した「オプティマス・ライド」(Optimus Ride)社による自動運転である。

https://youtu.be/3BqwZD4f8q4

このような話題は、空前のニュースのひとつとして報じられる。なぜならいまだに自動運転機能をもつ自動車の台数はまだまだ少ないし、それが許されるエリアは限られ、「テスト」の域を超えていないからだ。

だが何はともあれ、数年後、自動運転車の数がアナログ運転車の数を超えるだろう。そのとき重要になってくるのは、自動車同士の位置決めネットワークだ。

以下に、自動運転車の位置決めネットワークの発展に役立つAIの事例を論文の紹介という形式で紹介する。

[論文] D. Tian, W. Gong, W. Liu, X. Duan, Y. Zhu, C. Liu and X. Li, “Applications of intelligent computing in vehicular networks”. Journal of Intelligent and Connected Vehicles, 1(2), 66-76 (2018).

[DOI: 10.1108/JICV-01-2018-0001]

3つの要点

✔️コンピューターを利用した新しい位置決めの方法である「乗物ネットワークプラットホーム」の導入。

✔️コンピューター上でのデータ処理、現在使用されているモデルに対してのアルゴリズム、そして実際に車両に反映する、という3つの段階に分けて実証を行った。

✔️最新の技術によりコンピューターによる自動位置決めの精度が上がったので自動車の開発を急ぐべきである。

概説

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

PAGE TOP