生態系との共存を目指して。道路でひき殺された動物を検知するAI(AI×環境)【論文】

   

道路は生態系に悪影響をおよぼす

道路を作ることは、生態系に大きな影響を与える。動物が交通事故に見舞われたり、生息地が分断されたりするためだ。生物のなかでも、両生類や鳥類などは、食料収集や狩猟習性などの生態的特徴から、特にネガティブな影響を受けやすい動物種である。こうした悪影響を最小限に抑えるためには効果的な緩和措置が必要で、そのために野生動物と自動車の衝突事故をモニタリングし、情報収集しなければならない。こうしたデータをこれまでにも多くの国々で集められてきた。しかし、これまでの手法は、とても高価で、時間のかかるものだった。

ポルトガルにあるポルト大学のDianaら研究者は、こうした状況に着目し、効果で時間のかかるモニタリング方法を革新しようと試みた。彼らは新型のモバイルマッピングシステムを開発し、その性能を実験した。結果、交通事故にあった78%の両生類と鳥類の特定に成功した。

動物の交通事故の被害件数を特定

Dianaらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

業界/カテゴリー

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x