ドライフルーツの生産を支えるAI登場。音から品質評価(AI×食品)【論文】

   

ドライフルーツ人気が上昇中

近年、多くの消費者の健康に対する意識の向上により、スナックとしてのドライフルーツの人気が高まっている。ドライフルーツを生産するプロセスにおいて、乾燥時に適切なパラメーター(乾燥温度、時間など)選択することにより、製品はより美味しく感じる食感と栄養価を維持することができる。従って、より適切な生産プロセスの決定をサポートする技術が求められている。

ポーランドにあるPoznan UniversityのKrzysztof Przybyら研究者は、ドライイチゴの生産をサポートするために、音響振動を元に機械学習手法を用いて、品質評価を目的としたドライイチゴの完熟と過塾の分類を試みた。結果、低誤差で分類を行うことができる学習モデルの作成に成功した。

音響振動を元にドライイチゴを分類する

Krzysztof Przybyらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP