駐車場を皮切りに世界の車両を管理できるか(AI×都市)【論文】

   

増えすぎている車を管理する必要性

自動車の数は世界中で急速に増えており、交通渋滞や空気の汚染などの大きな問題を引き起こしている。今後もさらに世界の自動車数は増加すると予測されている。

そんな中、知的交通システム(ITS)の開発は、現在の多くの問題のソリューションになりつつある。ワイヤレスセンサーネットワーク(WSN)は、ITSソリューションの構築に使用されている技術の一例で、研究者、政府、および企業から大きな注目を集めている。自動ナンバープレート認識(ALPR)は、WSNテクノロジを使用して構築できるITSサービスの例であり、車両の監視と制御に役立つために重要なテクノロジーだ。

実際の認識現場では、照明条件に大きな変動があり、プレートの認識が困難になる場合がある。実用化を考えると、照明に変化があるオープンな環境でも正確に動作できるALPRシステムの開発が必要だ。

↓はてなブックマークで応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジルにあるサンパウロ連邦研究所のN. d. V. Dalarmelinaら研究者は、世界の自動車数が増加している状況において輸送システムの管理・監視システムが必要とされている現状に着目し、OCRとWSNに基づく車両識別システムを提案した。結果、提案されたシステムの処理時間は短く、精度も悪くなかった。

車のナンバープレートを検出しナンバーをOCRで読み取る

N. d. V. Dalarmelinaらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x