東大生AI初心者の学習日誌 Day10「線形識別モデル(1)」

   

こんにちは、じゅんペー(@jp_aiboom)です!

僕は現在東京大学の理系の二年生です。この連載では、AI初心者の僕が、「パターン認識と機械学習(通称PRML)」を読み進めながら、機械学習の理論面を一から勉強していく様子をお届けしたいと思います。

第10回目の今回からは、「線形識別モデル」についてやっていきたいと思います。機械学習の教師あり学習は「回帰」と「分類」に分けられますが、これまでのほとんどの記事では「回帰」の例ばかりを取り扱ってきました。今回からは「分類」を取り扱っていきます。

前回までの記事はこちら!
▶️ 「東大生AI初心者じゅんぺーの学習日誌」特集!

分類とは

分類とは、 ある入力がグループAに属しているのか、もしくはグループBに属しているのかなどを予測することです。
分類のイメージを持ってもらうために、実際に分類している図をご覧ください。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP