化学工場の爆発事故を防止できるか(AI×セキュリティ)【論文】

   

深刻な被害をもたらす化学工場の火災爆発事故

2019年3月21日に中国の江蘇省で発生した化学プラント爆発事故は、生産過程の不適切な操作、パイプの閉塞により引き起こされ、78人の死者と、566人の負傷者を出した。また、2013年4月17日には、アメリカのテキサス州の化学肥料工場で、違法操作により火災爆発事故が発生し、70軒以上の家屋が被害を受け、260人が負傷し、15人が死亡した。化学産業の発展に伴い、化学工場における爆発事故が増加している。しかし、事故は様々な要因が複雑に影響し発生するため、直接的な原因の解明は困難となっている。

中国の北京にある中国人民公安大学のRongchen Zhuら研究者は、化学工場における爆発事故の増加、事故原因の複雑化という課題に着目し、事故の予防、管理、リアルタイムな警告をサポートするために、ベイジアンネットワークモデルを構築し、爆発事故の動的な評価を試みた。結果、事故を防ぐためには設備の安全管理と人員の安全訓練が重要であることが確認された。

ベイジアンネットワークモデルによる爆発事故の評価

Rongchen Zhuらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

PAGE TOP
0
Would love your thoughts, please comment.x
()
x