機械も健康診断が必要!AIで機械の「寿命を予測する」(AI×製造)【論文】

「機械の健康診断」に注目集まる

最近は製造業に向けて「インダストリー4.0」という施策が出され、工場のあらゆる装置・機械をインターネットにつなぐことで効率化を図るスマートファクトリー化が進んでいる。このような背景から、世界では「機械の健康診断(PHM)」という考え方が広まり、故障予測や残り寿命の予測が研究されている。しかし、AIでPHMを行うにはデータが足りないという問題が発生している。

アメリカにあるメリーランド大学のVerstraeteら研究者は、PHMの1つである残り寿命の予測を行うために、教師なし学習を行うAIの生成モデルの使用を試みた。その結果、VAEとGANを組み合わせた場合に最も良い精度となった。

機械の残り寿命の予測

Verstraeteらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP