ネット上の「世論」を拾って交通システムを改善!(AI×都市)【論文】

   

よりよい交通の必要性

輸送産業は、国家の経済および社会開発において主要かつ基本的な産業であり、社会・経済の発展と人々の生活水準の向上に欠かせない。交通管理のレベルを上げることは、雇用の促進、内需の拡大、社会経済開発と都市化の促進などの様々なメリットがある。交通管理のレベルを上昇させるには、実際のユーザーである人々の意見を取り入れることが大切だ。

現在の中国において、交通管理に市民の意見を反映させるシステムはまだ初期段階にあり、交通の意思決定や監督における情報の透明性と公開性は不十分だ。したがって、交通管理に市民の意見を反映させるシステムの改善策を探求することは、現在の交通管理が直面している緊急の課題である。

近年、ビッグデータ分析技術の出現により、トラフィックデータを取得・処理するための新しいアイデアと方法が提供された。ビッグデータ技術のコンテンツ分析方法を交通計画分野に適用し、これまで使われていなかったソーシャルメデイアのテキストデータの分析に注目が集まっている。

中国にある東南大学のDawei Liら研究者は、交通計画を考える際に世論を取り入れるべきだが、従来の方法では思うように取り入れられないという課題に着目し、ソーシャルメディアから世論を抽出することを試みた。結果、ソーシャルメディアから様々な知見、意見を得ることに成功した。

ネット上の声を交通計画に反映させる

Liらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP