リアルな人物画像を生み出す「StyleGAN」のコードを解説!【PyTorch】

こんにちは。制御機器メーカーでAI技術を用いた商品開発をしているToshifumi(@_kToshifumi_)と申します。

この連載では、最新AI技術の導入や、お客様の要望に合わせて技術をカスタマイズした経験で得られたノウハウをもとに、AIの技術解説を行っていきたいと思います。

第1回目、第2回目と、「StyleGAN」という画像生成技術のアルゴリズムを解説してきました。StyleGANは、ディープラーニングにおけるGPGPUで最も有名なNVIDIAが開発した技術で、リアルすぎる人物画像を次々と生成することができます。

これまでの記事
▷ リアルな人物画像を生み出す「StyleGAN」のしくみを解説!(1)
▷ リアルな人物画像を生み出す「StyleGAN」のしくみを解説!(2)

第3回目の今回は、StyleGANの実装コード(Python)を解説していきます。

StyleGAN実装コードの概略

使用するフレームワークは、最近ユーザーが急上昇している深層学習ライブラリのPyTorchです。データセットの読み込み等は基本的なPyTorchの使用方法と同じであるため、この記事では省略し、StyleGANの中でも、画像を生成する「Generator」部分にフォーカスして解説していきたいと思います。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP