精密医療の提供を目指すAI同盟がスタート

   

企業と大学の同盟

シーメンスヘルスエンジニア会社とミズーリシステム大学は、精密医療のための協力をもとに、ヘルスケアの提供を精密医療と組み合わせる新しい取り組みを開始した。

報道内容によると、この同盟は、癌、アルツハイマー病、心血管疾患、その他疾患などに焦点を当てると言う。

この同盟は、互いに4つの柱について10年間の同意を結ぶ:

・医療提供

・医療の教育と労働力の開発

・ヘルスケアの革新

・研究とコラボレーション

ドイツに本拠を置くシーメンスヘルスエンジニアリング会社は、いくつかの医療技術企業の親会社であり、この提携はミズーリ大学の次世代精密医療学会(NextGen Precision Health Institute)によって支えられることとなる。

同研究所は、ミズーリ大学による2億2080万ドルの出資からなるプロジェクトで、6月21日に着工した。2021年10月には完成予定である。

この研究所は、教員、研究者、業界のパートナーのための研究室と教室が含まれており、「精密医療とデジタルヘルスの研究に集中する」とプレスリリースで発表されている。

革新的なカリキュラムの開発

教育と労働力開発の柱のもとで、この2つの組織は、医療、サイバーセキュリティー、データサイエンス、およびこの分野の機械学習におけるAIに焦点を当てたカリキュラムを開発する。

この提携により、ミズーリシステム大学及びミズーリヘルスケア大学は、最新の診断および治療機器とデジタルヘルスソリューションを確実に使用できるようになる。

シーメンスヘルスエンジニアは、ミズーリシステム大学でこれらのツールを実際に採用することで、その情報を得ることも可能だ。

「私たちのミズーリシステム大学全体に対するビジョンは、革新的な教育、研究、革新、交流と一体性を通して、ミズーリ州、国内そして世界で成功と幸福の機会を促進することです。」とミズーリシステム大学のムン・Y・チョイ氏は述べている。

「シーメンスヘルスエンジニアと提携を結ぶことで、私たちの大学と医療システムに最先端の技術とリソース、独自の研究とコラボレーションの機会、次世代の医療従事者のためのトレーニング、そして当社のミズーリ州とその先への医療とヘルスケアの貢献の拡大を可能としました。」

原文
Precision medicine alliance launches
July 22, 2019 | Amy Baxter | Business Intelligence
https://www.aiin.healthcare/topics/business-intelligence/precision-medicine-ai-alliance-launches

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP