精密医療の提供を目指すAI同盟がスタート

企業と大学の同盟

シーメンスヘルスエンジニア会社とミズーリシステム大学は、精密医療のための協力をもとに、ヘルスケアの提供を精密医療と組み合わせる新しい取り組みを開始した。

報道内容によると、この同盟は、癌、アルツハイマー病、心血管疾患、その他疾患などに焦点を当てると言う。

この同盟は、互いに4つの柱について10年間の同意を結ぶ:

・医療提供

・医療の教育と労働力の開発

・ヘルスケアの革新

・研究とコラボレーション

ドイツに本拠を置くシーメンスヘルスエンジニアリング会社は、いくつかの医療技術企業の親会社であり、この提携はミズーリ大学の次世代精密医療学会(NextGen Precision Health Institute)によって支えられることとなる。

同研究所は、ミズーリ大学による2億2080万ドルの出資からなるプロジェクトで、6月21日に着工した。2021年10月には完成予定である。

この研究所は、教員、研究者、業界のパートナーのための研究室と教室が含まれており、「精密医療とデジタルヘルスの研究に集中する」とプレスリリースで発表されている。

革新的なカリキュラムの開発

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら
※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

PAGE TOP