孫正義「日本はAIやばい」ソフトバンクビジョンファンド投資先のNVIDIAは何が凄いのか【AI論文】

孫正義の懸念「投資したいAI企業がない」

都内で開かれた「SoftBank World 2019」では、ソフトバンクグループ代表の孫正義氏が登壇し、「日本はAI後進国、今ならまだギリギリ間に合うかもしれない」と、世界テクノロジー先進国と日本の開発スピードを比較し警鐘を鳴らした。

同氏は「SoftBank Vision Fund」の運営を行い、強力なテクノロジーを持った世界中の企業に投資を行なっている。

同ファンドの規模は10兆円を超えており、また2号ファンドを設立するとも発表している。

そんなSoftbank Vision Fundを率いる孫氏は「日本のAI企業に投資したいと思っても、投資に値するAI企業がない」と言っている。

では、彼がこれまでに投資している企業は何が凄いのか?
1号ファンドのポートフォリオの中でも一際目を引いた成長企業はNVIDIAであった。
NVIDIAの製品はあらゆるコンピュータに搭載され、いまやAIをはじめとするイノベーションを牽引する存在の一つと言っても過言ではないだろう。

以下では、NVIDIAの事例を取り上げるため彼らのAI論文を紹介する。その情報を目にすることで、

・どのような新技術が今できつつあるのか

・有識者の目から見た「真に重要な技術」とは何か

について知ることができる。

NVIDIAの論文「Deep Learningアクセラレータ」

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。
新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP