「AI搭載ガスセンサー」で、有害ガスを100%区別する(AI×環境)【論文】

   

産業発展に伴うガス検出の重要性

メタンや一酸化炭素などの可燃性ガスは、吸引することで人体に悪影響を及ぼす。そのため、ガス漏れの検出は、様々な産業現場や日常生活に不可欠だ。これらの可燃性ガスの識別には多くの種類のセンサーが使用されている。しかし、一般的なセンサーは複数の種類のガス同士を区別する選択性が低いため、検出精度に悪い影響を与える問題を引き起こすことがある。

韓国にある東国大学校のKyu-Won Jangら研究者は、ガス検出に用いられる一般的なセンサーの選択性という課題に着目し、機械学習手法を用いてメタンと一酸化炭素の分類を試みた。結果、メタンと一酸化炭素を100%の精度で分類することに成功した。

機械学習による可燃性ガスの分類

Kyu-Won Jangらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP