高齢者でも対話式で楽に制御!NLP技術を駆使したスマートホーム(AI×IoT)【論文】

   

いまのスマートホームの住人は、デジタルネイティブに限る?

モノのインターネット(IoT)の浸透により、多くのデバイスがインターネットと接続し、豊富なサービスの提供が可能となった。そのうち最も一般的なのは、「スマートホーム」と呼ばれる、IoTやAIを活用して安全・安心な暮らしを実現する住宅だろう。スマートホームではデバイスをリモートで制御・管理が可能となる。

例)20:00になったら部屋の電気をONにする

こうした機能は便利ではあるが、高齢者等が簡単に操作できるとは言い難いという欠点がある。

フランスのブルゴーニュ大学のGeorge Alexakisらは、IoTとNLP*を組み合わせて、高齢者や障害のある人、テクノロジーに慣れていない人でも、デバイスと対話することでスマートホームの制御・監視ができるIoT Agentを開発した。

*NLP:Natural Language Processing(自然言語処理)の略。

NLPのシステムにはGoogleのAPIを使用して学習を行っている。つまり、George Alexakisらが強調したい点は技術刷新ではなく、サードパーティのAPIとオープンソースの技術を用いて、パフォーマンスを損なうことなく多層アーキテクチャの新しいIoTアプリケーションを構築するという点にある。

簡単にスマートホームを制御・監視できるIoTアプリの開発

George Alexakisらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP