ビールの「アルコール有無」判定(AI×食品)【論文】

ポータブル分析装置は精度の低さが課題

近赤外分析は非破壊検査の1つであり、対象を破壊することなく、内部構成を分析することができる。測定に用いられる機器は高価で、大きく、一部の研究機関しか分析を行うことができなかった。

近年、 近赤外分析装置の低価格化・ポータブル化が進んでいる。しかし、研究機関で使用されている機器と比較すると、精度はまだ低い。

スペインにあるア・コルーニャ大学のBrais Galdoら研究者は、近赤外分析に用いる測定機器(廉価版)の精度向上という課題に着目し、試験的に、分析に機械学習手法を組み合わせて、ビールにアルコールが含まれるか・含まれないかの判別を試みた。結果、機械学習が近赤外分析の精度向上に有効であることが確認された。

精度の低さを機械学習でサポートする試み

Brais Galdoらの研究のポイントは以下の通りだ。

このコンテンツを閲覧するには無料会員ログインが必要です。会員の方はログインして下さい。新規無料会員登録はこちら

業界から探す

PAGE TOP