太陽光パネル設置の元が取れる?ディープラーニングによる発電量の予測に成功(AI×環境)【論文】

   

注目される再生可能エネルギー

太陽光発電(PV)は、クリーンエネルギーとして注目を浴びている。発電に際して、公害の原因となる汚染物質や騒音を発生しないためである。台湾も例外ではなく、多くの商業施設などで、太陽光発電の導入が積極的に進められている。

しかし、日射量や気温、その他気象条件などの変動要因を考慮に入れながら年間発電量を正確に算出することが困難であるという問題もある。また、発電量予測が困難なために、既存の送配電系統が太陽光発電を完全に吸収できないという問題も発生している。

台湾にあるNational Taiwan Ocean UniversityのWeiら研究者は、こうした状況に着目し、ディープラーニングを利用して、屋根置き型太陽光発電の発電量シミュレーションを行おうと考えた。これにより、投資回収予測がし易くなり、再生可能エネルギーが普及する素地が整うと考えたのである。結果、ディープラーニングを利用した発電シミュレーションが効果的な手法であることが明らかになった。

ディープラーニングを利用し、太陽光発電量をシミュレーション

Weiらの研究のポイントは以下の通りだ。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界から探す

さらに学ぼう!

PAGE TOP