「中退」の危機をAIが救う?学生の最終成績を高精度で予測(AI×教育)【論文】

   

2015年の国連フォーラムでは、持続可能な開発目標(SDG)の1つに「質の高い教育をみんなに」が採択された。今後も持続的に社会を発展させていくためには、教育により力を入れていく必要があるのだ。現在、高等教育現場における、学生の中退率の高さは世界的な問題となっている。特に工学系の学生の中退率は高く、重要な課題である。

エクアドルにあるアメリカ大学のDiego Buenaño-Fernándezら研究者は、高等教育における工学系の学生の中退率の高さに着目し、教育関係者を支援するために、機械学習による学生の成績予測を試みた。結果、96.5%の高精度な予測に成功した。

機械学習を用いた学生の成績予測

Diego Buenaño-Fernándezらの研究のポイントは以下の通りだ。

✔️ミッション
高等教育過程においては、世界的に工学系の学生の中退率が高い。

✔️解決手法
過去の学生の成績を元に、機械学習を用いて学生の成績予測を試みた。

✔️結果
96.5%の精度で最終成績(合格または不合格)の予測に成功した。

研究の詳細を以下で述べる。

続きを読むには無料会員登録が必要です。


※ログイン/初回登録後、下記ボタンを押してください。

業界ごとに記事を読む

さらに学ぼう!

PAGE TOP